ダイエットに!脂肪燃焼におすすめの成分「イソクエルシトリン(ケルセチン配糖体)」

昨今の健康ブームを象徴するアイテムに、「トクホ」と呼ばれるものが存在し
トクホが「特定機能性食品」の略であることは、今や常識的なものとなりました。

 

このトクホアイテムは、昨今劇的に増えた続けており
その中でも【特茶】と呼ばれる商品は、スーパー・コンビニのドリンクコーナーには
必ず存在するものとなり、その種類も日々増え続けています。

 

そして、そのトクホアイテムの利用者というのは
言うまでもなく、健康志向・健康不安を抱えた方であり
また共通する目的として、「生活習慣病」にアプローチするために利用する方が多いはずです。

 

特に、

  • 血糖値
  • 血中脂肪

 

これらの「食後の上昇を抑える」といったアイテムは
「食事のお供」として大ヒットし、売り上げを伸ばし続けているようです。

 

「難消化性デキストリン」という成分は、
ブドウ糖の吸収を抑えることで、食後の血糖値の急上昇を抑える働きがあり
この難消化性デキストリンを含むアイテムは、特茶の中心となっています。

 

当初は「カテキン」といった、比較的馴染のある成分から始まった特茶も
難消化性デキストリンを含んだものが、徐々にスタンダードになってきましたが
新たに「(酵素処理)イソクエルシトリン」と呼ばれる成分を含んだアイテムが増えてきました。

 

「体脂肪を減らすのを助ける」という特茶に含まれるこの成分は
どんな効果を持っていて、どんな働きによって体脂肪を減らすのでしょうか?

 


 

※「特定保健用食品」とは、
その食品に含まれる成分が持つ、特定の機能を表示できるアイテムであり
簡単に言えば、「こんな効果があります」と明記できる商品になります。

 

本来であれば、効果を謳えるのは「医薬品(医学部外品)」のみであり
当サイトをはじめ、様々なメディアで非常に「微妙な表現」が見られるのは
「薬事法」といったものによって、表現に制限があるためです。

 

馴染のあるサプリに関しても、ジャンルとしては「食品」であり
「効果を明記することができない」という事情がありますが、
特定保健用食品は、「効果がある成分を含んでいる」と言える存在なのです。

 

体脂肪の分解を助ける成分

 

イソクエルシトリンという成分に関しては、ほとんどの方が聞いたことがないと思われます。

 

ヒマラヤ原産の「セイタカダイオウ」と呼ばれる植物に含まれる成分であり
当然のながら日本国内で採取・摂取できないものであり、また摂取するための方法として
トクホアイテムくらいしか存在しないため、確かに特別なアイテムであると言えます。

 

「ケルセチン配糖体」の1つであり、化学式が似ている(ケルセチンにグルコースを+)ことから
このケルセチン配糖体に関しても、イソクエルシトリンの量で計算さることが多くなっています。
(「イソクエルシトリンで換算」という表記が見られることと思います。)

 

そして、ケルセチン配糖体(イソクエルシトリン)が持つ
最も大きな効果として、「中性脂肪の分解」が挙げられます。

 

ケルセチン配糖体は、体内では「ケルセチン」として吸収・機能する成分であり
「玉ねぎ」といったケルセチンを含む食材を摂取することもまた、同じく体脂肪の分解にとって有意義なことと言えます。

 

ケルセチンには、

  • 抗炎症作用
  • 抗酸化作用
  • 降圧作用
  • コレステロールの分解

 

といった様々な効果が存在します。

 

また水に溶けやすく(ケルセチンは本来溶けにくい)、吸収しやすくしたものが
ケルセチン配糖体であり、効率的な脂肪分解にはやはり効果的と言えます。

 

何より「ノン(ロー)カロリー」でケルセチンを摂取することができますが
やはり気になるのは、副作用・デメリットの存在と思われます。

 

「用法・容量」を守ってさえいれば副作用はないが

 

気になるイソクエルシトリン(ケルセチン配糖体)に存在する副作用ですが
「異常な過剰摂取をしなければ、副作用はない」と言えるものになります。

 

トクホアイテムのほとんどが、基本的には「1日1本」という表記がされているはずです。

 

「3倍(つまり3本)」飲んでも、特に重大な副作用はないとされますが
「推奨されている摂取量を守る」ことは、こいったアイテムを利用する際に大切なことです。

 

ほとんどの場合、「それ以上摂取してもメリットがない」とされる量であり
健康的・経済的にも、デメリットの方が増えてしますことになります。

 

難消化性デキストリンが、糖(脂質)の「吸収」を抑える一方で
「分解」をサポートするケルセチンは、別の角度からのメタボ対策にもってこいと言えます。

 

様々な成分・アイテムを組み合わせることもまた
生活習慣病に立ち向かうための、効率的なアプローチであり
トクホアイテムは、常にチェックしておきたいアイテムと言えます。

 

「難消化性デキストリン」で肥満・糖尿病対策をするなら「大麦若葉青汁」

 

上記は、<イソクエルシトリン(ケルセチン配糖体)>の解説になりましたが、
トクホアイテムのロングセラーには、やはり”難消化性デキストリン”を配合したものがまだまだ多く
「そもそも血糖値を上げない」というのは、根本的な対策であると言えます。

 

典型的な生活習慣病である「高血糖」と「脂質異常症(高脂血症)」に共通することとして、
血液に関わるトラブルあることと同時に、「動脈硬化」やそれに伴う心筋梗塞等の要因であることが挙げられます。

 

何より、放置していることで確実に体への負担となり
寿命(健康寿命)を縮めてしまう、典型的な症状であることは言うまでもありません。

 

これらの状態というのは、見た目では分からないものであり
数少ない・最大の特徴は「肥満傾向が見られる」ということのみですが
そもそも太っている状態は慢性的なリスクです。

 

早急に解消する必要があります。

 

そしてその際、高血糖を解決するための<血糖値のコントロール>
中性脂肪の減少を目的としたダイエットは、非常に関係性の高いものでもあり
これらのメカニズムを利用することで、より効果的なアプローチができるのです。

 

そのカギを握る栄養素として、特に注目されている栄養素が<難消化性デキストリン>であり
現在では様々な血糖値対策アイテム、またダイエットアイテムに配合されている非常に効果的な成分の1つです。

 

更にそのアイテムのでも、特に注目すべきおすすめとして挙げられるものが
「難消化性デキストリン配合青汁」である「ヘルスマネージ大麦若葉青汁」であり
発売以来、人気・利用者共に急激に伸びているアイテムになります。

 


 

「特定健康食品(トクホ)」にも認定されているアイテムであり、
中高年の「青汁デビュー」にも相応しく、また高血糖の傾向がある
太っている方であれば、尚更おすすめできる秘密があります。

 

「難消化性デキストリン」がおすすめな理由

 

そもそも、なぜ難消化性デキストリンが注目されているかというと
ブドウ糖の「急激な吸収」を抑制することによって、血糖値の上昇を穏やかにする点です。

 

この働きには、

  • インスリンの負担を減らすことにつながること
  • 中性脂肪の燃焼効率が上がること

 

「高血糖」と「ダイエット」に関わる2つの面でメリットがあります。

 

インスリンの疲弊の予防

 

まずは、血糖値の上昇が緩やかであることによって
インスリン分泌・機能等の、総合的な負担が減ることが挙げられます。

 

糖尿病に至る、最大の要因とは「インスリン環境の破壊」であり
血糖値の急激な上昇の繰り返しによって、「インスリンが壊れる」ことになります。

 

更には、「インスリンが効かない体」になってしまうことで
2つの角度から、糖尿病のリスクが上昇することことにもつながるのです。

 

中性脂肪の燃焼効率の上昇

 

皮下・内臓に「貯蔵されてしまった中性脂肪」を燃焼させるためには
「エネルギー不足」という状況が必要になります。

 

体を飢餓状態にすることで、足りない分の栄養素(ガソリン)を補うために
体に蓄積されていた中性脂肪・グリコーゲンを燃焼させます。

 

このメカニズムは、ダイエットの根本でもあり
その状況を作りやすくしてくれるのが、難消化性デキストリンの効果でもあります。

 

ぜひ早めに習慣化して欲しいアイテム

 

大麦若葉を配合した青汁はたくさんありますが(青汁の基本的な成分でもある)
難消化性デキストリンに関しては、青汁以外を考えてもまだ非常に珍しいと言えます。

 

また「トクホアイテム」に認定されているものが多く
「基本的に少し高い」という、特別であるが故の特徴もあります。

 

しかしながら、「大麦若葉青汁」に関しては<110円/1日>という設定になっており
他の難消化性デキストリン配合アイテムに比べて、リーズナブルとい言える価格帯です。

 

これは他の「普通の青汁」と比べても、高いとは言えない価格です。

 

販売元は、大手製薬会社「大正製薬」であり
「大麦若葉青汁」以外にも、中高年向けアイテムを中心とした
様々なアイテムを多数販売していることで、広く知られる老舗です。

 

「高品質」であることが特徴的であり、安心して摂取することもできます。

 

いずれにしても、「缶コーヒー」や「アルコール飲料」を
「大麦若葉青汁」に変えるメリットは、言うまでもありません。

 

「大麦若葉青汁」の構成は、非常にシンプルです。

 

  • 大麦若葉
  • 難消化性デキストリン
  • 抹茶
  • 緑茶抽出物

 

以上になります。

 

一般的な青汁であれば、

  • ケール
  • 桑の葉

 

といった、その他の「緑色の」成分も含まれますが
大麦若葉だけでも、十分な栄養素が含まれていること
尚且つ、難消化性デキストリンの摂取を習慣化できることがメリットになります。

 

「大麦若葉青汁」の公式販売サイトをチェックしてみる

 

電話占いなら「ヴェルニ」がおすすめ