「糖尿病性網膜症」の症状

「糖尿病が悪化すると失明してしまう」という話は、
聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?
これは事実であり、進行した糖尿病の症状の中では
壊疽(壊死)と並ぶ最も重い結果となってしまいます。

 

この「糖尿病によって」失明してしまうリスクの
原因となる合併症が「糖尿病性網膜症」です。

 

網膜は、水晶体が受けた光を感じる器官であり
実際に「目に映るもの」を焼き付ける機能があります。

 

よって、網膜が劣化するということは
直接的に「見る能力」が劣化することになります。

 

この糖尿病性網膜症を発症する原因としては
血糖値が上昇したことによって、網膜に酸素・栄養が、十分に行き届かなくなるためです。

 

もちろん、「突然見えなくなる」という訳ではなく
徐々に見えづなることは、通常の視力の低下と同じため
「ただ目が悪くなった」と思って、診察を受けた結果高血糖から
糖尿病性網膜症を発症していた、というケースも珍しくありません。

 

血液がドロドロになるということは、動脈硬化と同時に
こういった症状を引き起こすことになる、ということを忘れてはいけません。

 

主に酸素不足によって、網膜の細胞がダメージを受け
破壊されていることによって、

  • 目のかすみ
  • 目の痛み

 

という、一般的な症状が現れます。

 

特に網膜周辺の血管が破壊された結果、「新生血管」と呼ばれる
新しい「替え」の血管が生成されますが、それ自体がとても弱く
破裂したり傷ついてしまうことで、更に網膜に負担をかけてしまうことになります。

 

この段階になると、より自覚症状を感じやすくなりますが
その時点では、かなり進行していると考えられます。

 

糖尿病性網膜症は、日本人の失明原因として
2番目に多いものであり(1位:緑内障)
生活習慣が原因となる「2型糖尿病」の患者の
半数以上が、この症状を発症するといわれいます。

 

「いずれなる」ということが分かっているのにも関わらず、
それでも防げないことが多いことが、糖尿病治療の難しさを物語っています。

 

視力の劣化・失明は、最も日常生活に悪影響を及ぼすと言っても
過言ではなく、最も未然に防ぎたい症状です。