血糖値のコントロールをしやすくするために必要なこと

高血糖・糖尿病の改善には、食事療法・運動療法も大切ですが
最も大切な要素は、インスリン周辺の機能環境です。

 

インスリンがしっかりと機能しないことには
血糖値のコントロールができないため、糖尿病の改善難しくなります。

 

膵臓の「ランゲルハンス島」から分泌される「インスリン」
血糖値に関わる数々のホルモンの中でも、最も大切なものであり
「血糖値を下げる」ホルモンはインスリンしかないため
「糖尿病治療=インスリン」となっているほど、一般的で常識的なことでもあります。

 

このインスリンの機能不全によって、
血糖値のコントロールができなくなり、糖尿病を招くことになりますが
インスリンは、血糖値のコントロールの他にもたくさんの働きを担っています。

 

  • エネルギー(ブドウ糖)を分解することによって、エネルギーの元の生成
  • たんぱく質の合成や脂肪の分解・蓄積のコントロール

 

あらゆる「代謝機能」の、根本の根本を支えています。

 

特に体を動かすエネルギーや、細胞の活動にも関わっているため
インスリンの機能不全は、体のあらゆる不調を招くことになります。

 


 

インスリンの機能不全が招くもの

 

インスリンの機能不全は、糖尿病だけが原因ではなく
膵臓癌や膵炎によっても機能不全に陥ることがあり
また、脂肪肝を中心とした、内臓脂肪の増加によっても機能が低下します。

 

それによって、高脂血症や高血圧、メタボリックシンドロームなどの
生活習慣病(成人病)を招くため、これらの症状は
糖尿病、インスリンの働きと密接にリンクしています。

 

生まれながらにインスリンの機能が、ほぼ完全に失われている
「1型糖尿病患者」は。必ずインスリンの投与が必要になります。

 

また、「2型糖尿病患者」に関しても
食事療法や運動療法で改善が見られない場合、インスリンの投与が必要になります。

 

その治療に移る時点で、インスリンの機能不全がかなり進んでいます。

 

インスリン環境の改善のために日常からできること

 

インスリンそのものの分泌を増やしたい・機能を改善したい、と考えた場合

  • タウリン
  • 亜鉛

 

これらの栄養素の摂取が非常に有効です。

 

主に魚介類や海草に多く含まれ、それらは脂肪分も少ないため
食事療法と平行して行いやすいことからも、意識した摂取をおすすめします。

 

「インスリンの機能不全を起さないことが全て」

 

と言ってもいいくらい、糖尿病の予防には非常に重要なことになのです。

 

体内で合成・分泌される、血糖値を減少させることが出来る物質は
インスリ」だけしか存在せず、血糖値のコントロールは
こ「インスリンが全てを握っていることになります。

 

つまりインスリンが分泌されない・機能しないとなった際に
他に血糖値をコントロールする成分は存在しないために、慢性的な高血糖状態に陥ります。

 

実際には、突然分泌されなくなる・機能しなくなるということはありませんが
乱れた食生活等によって、徐々に進行していくものが「2型糖尿病」であり
それこそが「糖尿病=インスリン」と認識される所以です。

 

そして、こういったことから「インスリンの代わりになる」物質は
存在しないのか、と考えることが自然なことでもあります。

 

天然のインスリン成分「ピニトール」が注目されている

 

体内で作られる、血糖値をコントロールする物質は
インスリン「だけ」であり、それ以外には存在しません。

 

まり「インスリンの代わり」を求める際には、「外部から」という条件が付きます。

 

そしてその外部から・口から・食事から摂取することができる「インスリン成分」に
「ピニトール」というものがあることが、近年の研究で判明しています。

 

ピニトールの摂取は「サプリ」がおすすめ

 

ピニトールは主に

  • アイスプラント
  • 大豆食品(発酵していないもの)

 

といった食品含まれていますが、非常に微量であり
また、これら以外に目立って含まれる食材がありません。

 

そのため「ピニトール」を摂取したいのであれば
「サプリメント」を利用することが、最も効果的になります。

 

ピニトールは「植物性インスリン」と呼ばれてはいますが、インスリンではありません。

 

しかし、インスリンに「似た働き」や「サポートする働き」を持つ
血糖値対策にとって、これ以上ない心強い成分であることは間違いありません。